スマホを活用したい

 「スマホを活用できるようになりたい!」

 最近になって、スマホを全然活用できていないことに自覚しました。今まで両親に高い機種代、通信料金を払ってもらっていたのに「イマイチスマホを使いこなせていない!」ずっとそんな気がしていました。今日はその理由を自分なりに考えてみました。

 自分が感じるスマホの活用不足の原因…

 それは、”マズローの欲求5段階説”です!

 マズローの欲求階層説とは、人の欲求は建物みたいに、階に別れていて、低いフロアの欲求ほど満たすのが簡単な欲求で、高いフロアに行くほど満たすのが難しい欲求になっている。そして、人は最初は低いフロアの欲求から満たしていき、だんだんと高いフロアの欲求を満たしていくみたいな考え方です。(*うろ覚えです)

 欲求は、低い方から、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、自己実現欲求という5つの階層からなっています。

 ではなぜ、スマホ活用に欲求階層説が関係してくるのか

 それは、現実社会とインターネット社会の両方で、欲求を満たしたいと思っているからです。

 現実社会でいうと、自分は承認欲求までは満たせていると思います。

 しかし、インターネット社会においては、社会的欲求以上の欲求を満たすことはできていません。

 スマホを通して、インターネット上で誰かと出会ってコミュニケーションをとることや、投稿をして”いいね”をもらうこと、スマホを駆使して自分の叶えたい理想像を実現することなどは出来ていません。

 そういった、現実社会とインターネット社会での満たせている欲求の違いから、スマホの活用不足を感じているのだと思います。 

 スマホ活用ではなく、インターネット活用という方が正しいかもしれません。

 そして、このスマホの活用不足は危機感でもあります。

 これからは、インターネット社会でのスキルや経験はより重要になってくると思います。

 現実社会において欲求を満たすことが出来ても、インターネット社会において満たす能力がなければ、これからの社会で自分のやりたいことや叶えたい未来を実現することは難しいのではないかと思います。

 特に、自己実現欲求については、インターネットを使わず、現実社会だけで叶えることは難しいでしょう。

 自分は、アナログな人間だったので、対面での人間関係や、対人でのコミュニケーションスキルばかりを重視していましたが、それだけではこれからの社会を生きていくのに不利であるということを今回感じました。

 現実社会かインターネット社会のどちらかではなく、両方において欲求を満たすことができる能力を身につける。これからの時代を生きる人に求められることというか、すでに求められていることに今更気が付きました。